そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『だいちゃんのよろいかぶと』

『だいちゃんのよろいかぶと』
倉吉 哲司 著
法嶋 かよ 絵
だいちゃんのよろいかぶと
もうそろそろ暖かくなってきたし、4月になったら鯉のぼりだそうかなぁ…と思いつつ借りてきたのがこの絵本。
端午の節句について、とっても詳しく書いてあって、楽しく読める良い絵本でした。
主人公の男の子が見た夢で、いろんな冒険をしていくうち、こどもの日にまつわるいろいろな物や風習の説明がされています。

 鯉のぼりはどうしてお空を泳いでいるの?
 なんでこどもの日に柏餅を食べるの?
 鎧兜はなんでお家に置いてあるの?

など、子供の疑問の答えが沢山書いてあるんですよ。
読んでいるこちらも「へ~!そうなの?!」と勉強になりました♪

鯉のぼりを飾り始める前にお子さんと一緒に読むといい絵本です。


実は、この絵本地元の図書館で借りてきたのですが、アマゾンにも、どこにも載っていないんですよ…
いい絵本なんだけど、とってもマイナーなのかしら???
雛人形などを取り扱っている専門店で手に入る様です。



○そらが考える推奨年齢:3歳~


ことば:日本語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:日本文化 カテゴリー:知育 作家順:は行 作家順:か行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。