そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『きみなんかだいきらいさ』 『Let's Be Enemies』(洋書)

『きみなんか だいきらいさ』   『Let's Be Enemies』

ジャニス・メイ・ユードリー Janice May Udry 著
モーリス・センダック Maurice Sendak 絵



小さなサイズの絵本。
表紙&題名の通り、男の子がケンカしちゃうお話です。

とっても仲良しの男の子2人はケンカをしちゃいます。
いやなところばかり思い浮かべて 「キライ!!!」 という気持ちは膨らむけど、
楽しい事も沢山あったなぁ…なんていういい思いでも沢山。

最後は意地を張っていないで、いつもの通りに接する事が出来たら、
           仲直り♪
友達っていいな、と思えるお話です。
センダックさんのシンプルな絵も良いですね!!!

丁度5~6歳の男の子のお話かな?と思います。
我が家のコウちゃんも 「キライ!って言っているのにホントはとっても仲良しなんだね♪」 なんて言っていました。
身近に感じたのかな?



○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介したモーリスセンダックさんの絵本は ↓です。
『かいじゅうたちのいるところ』 『Where the Wild Things Are』
『きみなんかだいきらいさ』 『Let's Be Enemies』


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:けんか カテゴリー:友達 作家順:や行 作家順:さ行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さがしてみま~す。
ちょうど、長男の日常に起こっているであろう事・・・のようなきがして・・・
こどもって、かなりきつ~い一言を吐き捨てる事がありますよね・・・

「かようびのよる」は怖がりながらもかなりはまってました。返却した今でも、「カエルくる??」って聞かれます。
スズキコージさんの「おばけめぐり」もはまってます。

みちまちゃ | URL | 2007年12月05日(Wed)16:50 [EDIT]


 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。