そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『ミロとしましまねずみ』『Milo and the Mysterious Island』(洋書)

『ミロとしましまねずみ』『Milo and the Mysterious Island』
マーカス フィスター Marcus Pfister 著

左:日本語 真中:英語 右:スペイン語
以前『ミロとまほうのいし』を紹介しましたが、今回はその続きのお話『ミロとしましまねずみ』です。
この本でもきらきらひかる石と共に、 しわせなおわり  かなしいおわり  2つのストーリーがあります。。
途中までは同じストーリーで進行し残りのストーリーを選べる…なんてそれだけで嬉しくなっちゃいますよね。

内容は、ねずみのミロがいかだに乗って冒険に出て、新しい島に付きます。そこで出会ったしましまねずみ達とのお話です。

ミロたちがしましまねずみの事を信じる  → しあわせなおわり
ミロたちがしましまねずみの事を信じない → かなしいおわりおわり

という終わり方。
言葉が通じなくても分かり合おうと言う気持ちと信じる気持ちって大切だなぁと感じることが出来ます。

この絵本は、『ミロとまほうのいし』を紹介したときにかおりせんせいに「こんな本もあるよ~」と紹介して頂い絵本です♪
ありがとうございました♪



○そらが考える推奨年齢:4歳~



○そらがこれまで紹介したマーカス フィスターさんの絵本は ↓です。
『ミロとまほうのいし』『Milo and the Magical Stones』
『にじいろのさかな』『The Rainbow Fish』


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:動物 カテゴリー:知育 カテゴリー:仕掛け 作家順:は行 作家順:さ行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。