そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『うそつきのつき』

『うそつきのつき』
内田 麟太郎 著  荒井 良二 絵


この本、お月様の本なのですね!!!
最後のページでようやく気が付きました。。。ははは。

うそつきのつき=嘘つきの月

そのままの絵本です。
各ページ言葉遊びも入っていて面白いです。
  「にわとりが二羽ニワトリを飼っていても」
  「亀が瓶を噛めないでいても」
  「木陰のトカゲが自分の影を探していても」
こんなかんじの言葉遊びが入っています。
読んでいる方はクスっと笑いながら読んでしまうのですが、お話の主人公の月のおじさんは笑いません。
さて、どうしてなのかな?!

ちょっとシュールな画風&お話。
絵も言葉も、そしてうそつきのおじさんも、ちょっと不思議な感覚を感じつつ楽しむことの出来る絵本です。



○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介した荒井良二さんの絵本は ↓です。
『はっぴぃさん』
『うそつきのつき』
『たいようオルガン』

○そらがこれまで紹介した内田 麟太郎さんの絵本は ↓です
『うそつきのつき』
『ともだちや』
『あしたもともだち』
『あいつもともだち』


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:ムシ カテゴリー:動物 カテゴリー:不思議 カテゴリー:言葉 作家順:あ行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。