そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『こうしてぼくは海賊になった』『How I Became a Pirate』(洋書)

『こうしてぼくは海賊になった』『How I Became a Pirate』
メリンダ ロング Melinda Long 著
デイビッド シャノン David Shannon 絵

『あめふりのおおさわぎ』『だめよ、デイビッド』を描いたデイビッド シャノンさんが絵を描いたお話。
この本の絵を見ると、シャノンさんは絵の上手い人だな、と感じる事が出来ます。昼間の光を浴びているシーンが多いのですが、光の描写がとっても上手!日本ではなかなか無い抜ける様な青空の下、海賊達と男の子がイキイキと楽しんでいる姿が印象です。

ある日、男の子が浜辺で遊んでいると、海賊船が海からやってきます。
男の子が作る砂のお城を見て、海賊達は「宝を埋めるには、うでききの穴掘り人が必要だ」と男の子を連れて行きます。
男の子は海賊になり、宝で遊んで、肉を食べ、夜遅くまで遊んで…海賊を1日満喫します。
その夜、海賊船は嵐に襲われ…無事にお家には帰れるのでしょうか?

とってもテンポの良い文章、明るく楽しく描かれた絵。
文章は『だめよ、デイビッド』と比べると随分多くなっていますが、そのテンポの良さで飽きる事無く最後まで楽しく絵本を楽しむ事が出来ると思います。

この絵本、コウちゃんも大好きです♪
男の子、海賊、宝、嵐、そしてサッカー(?)と来たら男の子の心はウズウズしちゃうんでしょうね!
ちょうど今夏パイレーツオブカリビアンをやるし、とってもタイムリーな絵本、オススメの一冊です。

○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介したデイビッドシャノンさんの絵本は ↓です。
『あめふりのおおさわぎ』(『The Rain Came Down』
『だめよ、デイビッド』(『No, David!』)
『デイビッドがっこうへいく』(『David Goes to School』)
『デイビッドがやっちゃった!』(『David Gets in Trouble』)


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:乗り物 カテゴリー:海 作家順:た行 作家順:ら行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

デイビッド・シャノンさんの絵って、デイビッドシリーズとそうでないのとでテイストが違いますよね。
本当に絵がお上手。。。って表紙をみていつも思います。
デイビッドシリーズ以外の作品は実はまだ読んだことないのですが、読んでみたいです。

ますぷぅ | URL | 2007年07月01日(Sun)11:11 [EDIT]


海賊ものの紹介、ありがとうございま~す!!
Hickyはもう、すっごくはまりまくってるみたいでさ。
早速探して見ますv-238

juicy | URL | 2007年07月01日(Sun)21:23 [EDIT]


>ますぷぅさん


デイビッドシリーズも面白いですが、この海賊の絵本、お話も絵も楽しめる本だと思います。
お近くの図書館で是非探してみて下さいね♪

そら | URL | 2007年07月02日(Mon)08:25 [EDIT]


>juicyさん


Hickyくん、パイレーツはまっているみたいですもんね!
是非是非!おススメの1冊ですよ♪
英語版もあるみたいだから探して見て下さい。

最後のオチが可愛らしくていいですよぉ。

そら | URL | 2007年07月02日(Mon)08:28 [EDIT]


中川輝光の眼

ふらりと訪問しましたが、見るところが多く目が回る。でも少し慣れてくると、隠れた絵本の宝庫ですねここは。楽しいだけじゃないタメニナルblogですね。

中川輝光 | URL | 2007年07月03日(Tue)17:47 [EDIT]


>中川輝光さん

こんにちは!はじめまして。
以前からブログ村でお写真のみ拝見させて頂いていました。
お名前を見た時、気が付きましたよ。

ブログへのご意見ありがとうございました。
目が回る…という点、実は私も気になっていたところなんです。
情報量が多いですよね^^;
時間がかかってしまうかもしれませんが、徐々に改善していきたいと思います♪
また是非遊びに来て下さい。

そら | URL | 2007年07月05日(Thu)07:26 [EDIT]


 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。