そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『せかいでいちばんつよい国』『The Conquerors』(洋書)

『せかいでいちばんつよい国』『The Conquerors』
デビッド マッキー David McKee 著
なかがわ ちひろ 訳


世界で一番強い国の王様は、武力では他の国を征服したかもしれないけど、文化や人の心は征服出来ないし、逆に、良い文化には自分が負けてしまうかも…?
なんていう皮肉が、楽しいお話と共に描かれています。

武力で国を征服していた大きな国の王様は一番小さくて見向きもしなかった国が最後に残ったので、仕方がなく征服しに行きます。ところが小さな国には武力を持った兵士は1人もおらず、小さな国の人々はこころよく大きな国の兵士達を受け入れます。
大きな国の兵隊さんたちは小さな国で警備をしますが次第にやる事もなくなり、小さな国の人々の仕事を手伝い、食を共にし、大いに語らい…次第に皆この小さな国に魅せられていきます。
この兵隊さんたちが自分達の大きな国へ帰った時、どうなったと思いますか?
こちらは是非本を見てみて下さい。

デビッド・マッキーさんのこうした風刺の効いた楽しいお話、大好きです。先日紹介した『3びきめのかいじゅう』は人種に関する風刺でしたが、今回は心や文化を感じさせるもの。

カラフルな色鉛筆画と共に描かれたこの絵本は、マッキーさんの描いた『ぞうのエルマー』とはまた一味違った楽しさがあります。
子供と一緒にこの風刺の効いた絵本を読んでみるのも考えさせられて楽しかったです。

それから、この絵本、なかがわちひろさんが訳をしています。
そらが大好きな訳&絵本作家さん。
なかがわさんが書く文章はとっても味があって考えさせられますね!

○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介したデビッド マッキーさんの絵本は ↓です。
『さんびきめのかいじゅう』『Three Monsters』

○そらがこれまで紹介したなかがわちひろさんの絵本&訳は ↓です。
『きょうりゅうたちのおやすみなさい』 『How Do Dinosaurs Say Good Night?』
『きょうりゅうたちのおやすみなさい』『How Do Dinosaurs~?』 シリーズ
『たこのななちゃん』


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:人種 カテゴリー:楽しい カテゴリー:国 作家順:た行 作家順:な行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この方の作品はエルマーしか知らなかったのですが
前回紹介していた本を含めとても興味があります。
エルマーも楽しいといえば楽しい絵本ですが、文章はとっても深いですよね。
どんな絵本か読んでみたくなりました。
図書館にあるといいな。

うっちゃん | URL | 2007年06月26日(Tue)11:35 [EDIT]


>うっちゃんさん

純粋にお話を楽しむだけでなく、考えさせられるところもあってメッセージも伝わりやすいなと感じるので、子供のほうも何らかの事は感じられるんじゃないかな?
是非図書館で探して読んでみてください!!!

そら | URL | 2007年06月26日(Tue)20:48 [EDIT]


 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。