そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『レオナルド』 『Leonard』

『レオナルド』 『Leonard』
ヴォルフ・エァルブルッフ Wolf Erlbrunch 著
←アマゾンで中古本を見つけられたのみでした。
楽天、絵本ナビ、bkワンでは売り切れ。

ドイツ語の本は見つけられませんでした。残念。

結構ハチャメチャな面白い絵本です。
突拍子も無い出来事が次々出てくるのに、本の登場人物はそれをあたかも当然の様にこなしていってしまう…。
そんなところが魅力的です。

お話の内容は、イヌの”真似”が大好きなレオナルド。
でも、実物のイヌを目の当たりにすると、とっても怖い、怖くてふるえ上がってしまう可愛い少年。
ある日、妖精がやってきたので、
「おっきくてつよ~いイヌになりたい!」
とお願いをすると…なんと!翌朝レオナルドは大きなイヌになっていました。
お父さんとお母さんはそれを多少驚きはするものの、イヌのレオナルドと暮らします。
ところが、お散歩に出掛けたレオナルド、今度は”子供”の姿を見ると怖くて怖くて震え上がってしまいます。 (大きくて強いイヌなのにね!)
レオナルド、さてさてこの語どうなるのでしょう?

可愛い少年と、突拍子もないお話、そして、絵もなかなか可愛いです。
ちょっと気の抜けた絵で、色鉛筆画。絵の部分だけ切り絵になっています。こんな感じの画風は初めて見ました♪

○そらが考える推奨年齢:3歳~



ことば:日本語 ことば:ドイツ語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:動物 カテゴリー:家族 カテゴリー:楽しい 作家順:あ行
スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。