そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】『まいごのペンギン』『Lost and Found』(洋書)

『まいごのペンギン』 『Lost and Found』
オリヴァー ジェファーズ  Oliver Jeffers 著

まいごのペンギン (にいるぶっくす) Lost and FoundPerdido Y Econtrado / Lost and found
日本語絵本英語絵本スペイン語絵本


とっても可愛らしい水彩画のイラスト絵本。
私、こういうほんわかした雰囲気のイラスト大好きです♪

ある日、突然家に現れたペンギン君。
男の子はきっと迷子に違いない!と言葉を話す事が出来ないペンギン君の変わりにおうちを探しますが、お家はみつかりません。
ついに、南極まで送っていく事に。
やっとの思いで南極へ辿りつくのですが、そこでのペンギン君の表情は一番悲しい表情…。
最後はどんな終わり方をするのでしょうね。

ほんわかしたイラストと共に、やさしいお話を楽しんでみて下さい。



○そらが考える推奨年齢:3歳~


ことば:日本語 ことば:英語 ことば:スペイン語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:動物 カテゴリー:ほんわか 作家順:さ行

スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

【絵本】『くものすおやぶんとりものちょう』

『くものすおやぶん とりものちょう』
秋山 あゆ子

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)


くものすおやぶんシリーズの1冊です。
毎回おやぶんと、ぴょんきちの2人で事件を解決していくお話。
テンポよく進むお話を楽しめるので、コウちゃんと2人で好きなシリーズの1つです。

この絵本は、擬人化された昆虫達が、江戸時代下町で暮らす様子が描かれています。
毎回、”ちょっと不思議な事件”が起こるのですが、くものす親分と共に、絵本を読んでいる方も事件を解いている様な感覚にもなり、いつの間にかお話の世界に引き込まれます。
沢山の昆虫達や、江戸の情景が描かれているので、ページの隅まで見ていても楽しいです。

こどものとも で掲載されているお話なので、年中さんくらいからがおススメかな、と思います。



○そらが考える推奨年齢:4歳~


ことば:日本語 カテゴリー:ムシ カテゴリー:日本文化 カテゴリー:江戸 カテゴリー:事件 カテゴリー:冒険 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【絵本】『ねぎぼうずのあさたろう』

『ねぎぼうずのあさたろう』
飯野 和好 著
ねぎぼうずのあさたろう〈その1〉とうげのまちぶせ (日本傑作絵本シリーズ)


ねぎぼうずのあさたろうシリーズ第1弾の絵本。
時代劇調のお話で、大胆な絵と構図が魅力の1冊。

ねぎ畑に育つあさたろう、目の前の悪さをするごんべえをみて耐えかね、ねぎ畑から飛び出します。
ごんべえをこらしめたのはいいのですが、このまま畑に残ったのでは仕返しされる!
と考えたあさたろう、旅を始める事になりました。

早速仕返しに来た浪人もなんとか撃退し、旅を続ける事に…という所で終わります。
続きが気になる!!! という終わり方。
我が家でもその2、3と読んでみたいと思います♪

↓今 その6 まで出ているみたいですね!

ねぎぼうずのあさたろう〈その2〉 (日本傑作絵本シリーズ)ねぎぼうずのあさたろう〈その3〉 (日本傑作絵本シリーズ)ねぎぼうずのあさたろう〈その4〉火の玉・おてつのあだうち (日本傑作絵本シリーズ)ねぎぼうずのあさたろう〈その5〉 (日本傑作絵本シリーズ)ねぎぼうずのあさたろうその6 みそだまのでんごろうのわるだくみ (日本傑作絵本シリーズ)


ねぎぼうずのあさたろう東海道五十三次すごろくねぎぼうずのあさたろう東海道五十三次すごろく

すごろくゲームも出ているのですね♪
絵本を読んだ後にゲームしたら盛り上がりそう!!!




○そらが考える推奨年齢:4歳~


ことば:日本語 カテゴリー:野菜 カテゴリー:楽しい カテゴリー:冒険 カテゴリー:日本文化 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【絵本】『しろくまさんはどこ?』

『しろくまさんはどこ?』
ジャン アレッサンドリーニ Jean Alessandrini 著
ソフィー クニフケ Sophie Kniffke 絵

しろくまさんはどこ?


フランス生まれのカラフルな楽しい絵本。
小さなお子さんから楽しむ事が出来る本です。

まっしろな雪の上にいる白くまさん。
白いものの上にいると…見えなくなちゃうんです。
かくれんぼが大好きな可愛い白くまさんは、いろんなものに隠れている様子を、シンプルな図形ととってもカラフルな絵で描いてあって、視覚的にも楽しめます。

可愛い絵と色のお話なので、小さい子から楽しめると思います。
我が家のコウちゃんも5歳なのですが、くまさんはどこ?と楽しみながら絵本を見ていました。
読み終わった後、「もう一回」のリピートも♪



○そらが考える推奨年齢:2歳~


ことば:日本語 カテゴリー:色 カテゴリー:動物 カテゴリー:楽しい 作家順:あ行 作家順:か行

絵本日記TOPへ

【ハンドメイド】作品紹介


実はハンドメイドにハマリ、ひそかにハンドメイド作品を紹介するブログを作ってみたり、
ちょこっと販売してみたりしています。


ブログの方で、作品も沢山アップする事ができたので、この度ご紹介♪
良かったら覗いてみて下さいね~。

      ハンドメイド そらいろ絵本


作品販売は↓サイトでやっています。

  
  
  

絵本日記TOPへ

【絵本】『旅の絵本』『Anno's Journey』

『旅の絵本』  『Anno's Journey』
安野 光雅 著

旅の絵本 (〔1〕)Anno's Journey

風景のみ、文字の無いです。
ヨーロッパと思われる、海辺~村~町の風景を鳥瞰図で描いてあり、ひとつひとつの絵がとってもリアル。
町の人達が過ごす様子、情景が視覚的に伝わってきます。
1ページ1ページ丁寧に描いてあるので、見ている側も端から端まで楽しめます。


私はコウちゃんと本を見て、会話をしながらページをめくりました。

「あ!葡萄の収穫」
「マラソンやってるね。」
「お祭りだ!!!」
「風船飛んでっちゃったよ…」

等など。
一番楽しかったのが、最後のページ近くになって、 

”赤ずきんちゃんとオオカミ”
”大きなカブ” 

の一場面がさりげなく描かれていたところ。
ユーモアも忘れない絵本に、最後まで引き込まれちゃいました。

この本、沢山の賞を取ったみたいで、英訳の本も沢山でていました。
また、シリーズ本になっていたんですね!!! ↓
何冊か読んでみたいなぁ…と思っています。

旅の絵本 (2) 旅の絵本 (3) 旅の絵本 (4) 旅の絵本〈5〉 旅の絵本〈6〉 旅の絵本II (改訂版) (安野光雅の絵本)

絵本日記TOPへ
My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。