そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【絵本】 『3びきのこぶた』

『三びきのこぶた』
瀬田貞二 訳  山田三郎 絵
三びきのこぶた

『3びきのかわいいオオカミ』を紹介した後はやはり元祖『3びこのこぶた』の紹介もしたいですよね♪ (3匹の子豚に付いて詳しく書かれているのはこちらです)
『3びきのこぶた』は多数絵本も出ていますが、この絵本はこどものとも傑作集で、本屋さん等で一番良く見る本です。

お話の内容は、お母さんから1人立ちしたこぶたさんたちは、それぞれ自分のお家を作ります。ブタの兄弟はそれぞれ違家を作ります。
そこへオオカミがブタさんを食べようと襲ってきて…
というだれでも良く知っている内容を忠実に、分りやすく描いた絵本。
物語の最後は、オオカミさんを茹だった大なべの中へ落として幸せになりました、という終わりでした。

皆が良く知っているあらすじ以外の場面があったり、文字はちょっと多いので、お話はイメージより長めでした。

実はこのブタさん、パロディ絵本『3びきのかわいいオオカミ』の画風と似ているんですよね…。パロディ物を見た後にこの本を見ると、純粋なこの絵本の面白さの他に、別の意味でニヤリとしてしまいます。

○そらが考える推奨年齢:4歳~


ことば:日本語 カテゴリー:童話 カテゴリー:動物 作家順:さ行 作家順:や行

スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

【絵本】 『3びきのかわいいオオカミ』『The Three Little Wolves and the Big Bad Pig』(洋書)

『3びきのかわいいオオカミ』 『The Three Little Wolves and the Big Bad Pig』
ユージーン トリビザス Eugene Trivizas 著
ヘレン オクセンバリー Helen Oxenbury 絵
右:朗読CD付き絵本

『3びきのこぶた』をパロった可愛い3匹のオオカミさんのお話です。
英語版だと題名で内容までよく分かるのですが、
『3匹の小さいオオカミと わる~い大きなブタ
そう!このお話、大きな悪いブタさんが出てくるんです!!!
『3びきのこぶた』を知っている私は、悪い大ブタが出てくる、と言うだけでノックアウト! 京女さんのサイトで知ってから気になって読んでみました。

この『3びきのかわいいオオカミ』は話の流れはほぼ『3びきのこぶた』と一緒ですが、物語の最後と、細かい設定が違います。
設定はなかなか近代的。大ブタがハンマーで家を壊すだけでなく、電気ドリルやダイナマイトを使ってオオカミさんの家を壊すんですよ!オオカミさんの家の方もレンガ作りだけでなく、コンクリート作り、鉄板作り等、悪いブタに壊されない工夫をするんですね! TVモニター付きのインターホンとかまで付いているんですよ(笑)
沢山のパロディと、コレでもか!という家の作り、ブタの悪さに、想像以上に楽しく読むことが出来ました。

お話の最後はハッピーエンドになるのですが、どんな終わりなのかは皆さん、読んでのお楽しみにして下さい♪

この絵本、調べたら英語朗読CDまで出ているのですね!
息子の英語理解力がもう少し上がったらCDと絵本、両方で楽しみたいと思います。

○そらが考える推奨年齢:4歳~

○この絵本は大好き!5つ星絵本棚入りです♪


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:動物 カテゴリー:いたずら カテゴリー:楽しい カテゴリー:笑える 作家順:た行 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【絵本】 『落語絵本―ばけものつかい』

『落語絵本―ばけものつかい』
川端 誠 著

先日紹介した『忍者にんにく丸』『あっぱれアスパラ郎』を描いた川端誠さんの絵本。
落語の”ばけものつかい”を題材にした絵本で、子供に分かりやすく、そして笑っちゃうような楽しさで描いた1冊です。
落語は回りくどくて分かりづらくて…と言う方でも、絵本になれば言葉のみでなく絵も付いてきますからね!視覚的にも楽しめる訳です。

お話の内容は、ある日ご隠居さんは奉公人と一緒に化け物や屋敷に引っ越して来ますが、奉公人は「化け物はゴメンです。」と出て行ってしまいます。 ご隠居さんは、それから何度もお化けに出会うのですが、ちっとも驚きもせず、お化けを使用人として使いまくります。
あんまりお化けをこき使う物だから最後は…?!

…というお話。文字は若干大目ですが、落語の味が出ていてい雰囲気。
4歳の息子も息を飲みながら最後まで真剣な表情で見ていました。
落語絵本シリーズ、まだまだ沢山出ています。 面白かったので、これから読み進めて行こうと思います♪

○そらが考える推奨年齢:4歳~



○そらの日記での川端 誠さんの絵本紹介は↓です。
『忍者にんにく丸―野菜忍列伝〈其の1)』
『あっぱれアスパラ郎―野菜忍列伝〈其の2〉』


ことば:日本語 カテゴリー:落語 カテゴリー:おばけ カテゴリー:日本文化 カテゴリー:楽しい 作家順:か行

絵本日記TOPへ

【絵本】『14ひきのあさごはん』『The Family of fourteen Fix Breakfast』(洋書)

『14ひきのあさごはん』『The Family of fourteen Fix Breakfast』
いわむら かずお 著


14ひきの~シリーズの中の1冊です。
14匹のねずみの一家の暮らしを描いています。
大家族ならではの楽しい事や、ハプニングがいっぱい詰まった絵本。
1ページ開くだけでも10兄弟それぞれの行動を見て楽しんだり、おとうさんは?お母さんは?とか、野いちご食べちゃっているのはだぁれ?と探したり…、いろんな楽しみ方の出来ます。
お話は、14匹の家族が朝起きて、着替えて、朝ごはんを探しに行って、ご飯の準備、いただきます。 までの何の変哲も無い朝の風景のはずなのですが、1ページ開くだけでここま楽しみがいっぱい詰まった絵本はなかなか無いですよね!絵本の隅々まで楽しめるお話です。

○そらが考える推奨年齢:3歳~

○DVDも出ています♪

14ひきのあさごはん



○そらがこれまで紹介したいわむらかずおさんの絵本は↓です。
『タンタンのずぼん』 『Tan Tan's Suspenders』
『タンタンのハンカチ』


ことば:日本語 カテゴリー:動物 カテゴリー:家族 カテゴリー:兄妹 カテゴリー:どこだ? カテゴリー:楽しい 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【英語日記】 CTP&絵本でそらの耳が英語耳に?!

先日、車に乗ったとき、とても久しぶりにAFN(旧FEN)の英語放送を聞きました。
子供と一緒にCTPを聞き始めてからは初めてです。
今までははっきり言って何を言っているのか分らないし、とりあえずBGMに流しているだけだったのです。

が!

んが!  …!!!

な、、、何を言っているのか分る…?!

まぢで?!

わぉ!これが英語耳ってヤツなのねぇぇぇぇ。 

目からうろこです。

単語力が無いので、意味までは理解できなかったのですが、聞き取れていたんです。 分る単語はこれ、分らない単語はこれだ!と言う事も聞き分けられて。。。
恐るべし、 CTP !! 1日1時間のCTPを3ヶ月聞き続けてそらの耳は徐々に英語耳になってきたらしいです。
よーしっ!ますますやる気が出てきたぞぉ。コウちゃんと一緒にCTPこれからも聞き流しを続けます♪
とりあえずそらは単語力をつけなきゃね。どんな勉強方法が良いかネットで探してみよっと♪ 体験談やアドバイス等もありましたら是非宜しくお願い致します。



○そらの日記でのCTP、英語教材の紹介は↓です
【英語教材】CTP英語絵本教材について
【英語教材】 ディズニーの英語システム
【英語育児】コウちゃんの英会話日記

絵本日記TOPへ

【絵本イベント】 吉祥寺 TOM'S BOX にて原画書き下ろし展

【絵本イベント】 吉祥寺 TOM'S BOX にて原画書き下ろし展

日時:
5月  スズキコージ
6月  柳原良平
7月  荒井良二
8月  どいかや
9月  メグホソキ
10月 井上洋介
11月 本秀康
12月 長新太

場所:TOM’S BOX
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7
TEL/FAX 0422-23-0868

内容:絵本作家さんの個展。展示販売も有り。
出品作品:絵本作家さんの絵(絵本の原画 等ではありません)

サイト:TOM’S BOX

備考:絵本の原画ではなく、展示用に描かれた1点物の作品の展示です。普段絵本でしか見ることの出来ない作家さんの絵ですが、この展示では新しい絵の発見が!毎月違う作家さんの展示なので、お気に入りの作家さんの展示があるときは是非見に行ってみて下さい!作家さんによっては展示即売もしております。絵本作家さんの絵を手元に置くことなんて、普通なかなか出来ないですよね!お値段も張りますが、お気に入り作家さんの原画!!!ファンだったらかなり嬉しいかも。

○そらの日記でのTOM'S BOXさんの紹介記事

絵本日記TOPへ

【絵本ショップ】 吉祥寺 TOM'S BOX

先日吉祥寺の絵本ショップ TOM'S BOX さんへ行ってきました。
とても小さなお店ですが、内容は濃いお店です。
常時絵本作家さんの絵の展示会を開催していたり、絵本の書籍数も相当な物!それから、絵本のピンバッジ販売は数が多くびっくりしました。
(有名どころ作家さんは長新太さん、荒井良二さん、酒井駒子さん、井上洋介さん のピンバッジ等)通信販売もしているそうです。
若手作家さんの育成にも力を入れているのか、一般販売はされていないような本が沢山ありました! 今まで出会った事の無いような絵本に出会えるかもしれませんね。
このお店、地図を頼りに現地へたどり着いたのですが、看板はあるけど、お店は何処に…?と心配になってしまうような奥まった場所に。
お店の中も結構雑然としているので、絵本探し=宝物探し(?)気分です。。。
お気に入り作家さんの展示がある月に遊びに行ってみてはいかがですか?
ショップURL :TOM'S BOX 



○TOM'S BOXさんの2007年絵本イベント紹介記事

絵本日記TOPへ

【絵本】『ごきげんななめのてんとうむし』 『The Grouchy Ladybug』(洋書)

『ごきげんななめのてんとうむし』 『The Grouchy Ladybug』
エリックカール (Eric Carle) 著


『はらぺこあおむし』でおなじみ、エリックカールさんの絵本です。
ごきげんななめのてんとう虫さんが、いろんな虫や動物にけんかをしかけに行きます。ご機嫌斜めでちょっと弱虫なてんとう虫、けんかは仕掛けるのですが、「僕の相手にはならない」 と全ての動物から逃げてしまいます。
途中、ページの大きさが違う工夫がしてあったり、物語は6時、7時、8時…と時間と一緒に進んでいくので、自然と時間の意識もうまれて来ますね!
16種類もも出てくる虫や動物も、エリックカールファンには嬉しいです。
エリックカールさんのほかの絵本に比べるとちょっと文字が多いかな?と感じます。

○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介したエリックカールさんの絵本は ↓です。
『はらぺこあおむし』『 The Very Hungry Caterpillar』

○そらいろ絵本日記でははらぺこあおむしグッツを多数紹介しています♪
こちらからご覧下さい。

←エリックカールの動物フラッシュカードです。
英語の動物の名前を楽しく覚えられます♪



ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:ムシ カテゴリー:動物 カテゴリー:知育 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【絵本】 『からすのパンやさん』 『Mr. Crow's Bakery』 (洋書)

『からすのパンやさん』 『Mr. Crow's Bakery』
加古 里子 著

『だるまちゃんとてんぐちゃん』 でおなじみ、加古里子さんの絵本です。
からすのパン屋さん一家のパンはあまり売れません。 しかし、子供同士のひょんな事から子供のお客さんが増える事に! せっかくお客さんが来てくれる事だし、と、一家が力を合わせて作ったパンは…すっごくおいしそうなパンが沢山なんですよぉ!
星パン、ボールパン、きょうりゅうパン、こねこぱん、あひるぱん、かみなりぱん、てんぐぱん、だるまぱん(笑)、テレビパン、しまうまぱん…
わお!まだまだこのパンでもほんの一部。
これがきっかけで森中のカラスが買いに来てくれる行列の評判のパン屋さんになります。

パンのページは子供と一緒に見ているだけでも楽しめるし、食べたくなっちゃいますね♪ (我が家でも週末にパンを作りたいなぁ。)
文字とページは多少大目の本ですが、絵も飽きさせないし、4歳の息子でも楽しむ事が出来る本です。

○そらが考える推奨年齢:4歳~

加子里子(かこさとし)さんの紹介はこちらからどうぞ。



○そらの日記でこれまでに紹介したは加古 里子さんの絵本は↓です。
『だるまちゃんとてんぐちゃん』『Little Daruma and Little Tengu』
『だるまちゃんとだいこくちゃん』『Little Daruma and Little Daikoku』


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:家族 カテゴリー:食べ物 カテゴリー:動物 カテゴリー:楽しい 作家順:か行

絵本日記TOPへ

【絵本イベント】 ちひろ美術館で絵本原画も展示♪

いわさきちひろさんの自宅跡に建てられたちひろ美術館にて絵本に関係する企画展が行われているようです。
絵本の原画を沢山飾ってあるようですね!7月までの会期、私も行ってみたいと思っています。

日時:2007年5月9日(水)から7月1日(日) (休館日は月曜日、祝日の場合は開館し、翌日休館)
場所:ちひろ美術館 
    東京都練馬区下石神井4-7-2
    TEL 03-3995-0612 / テレフォンガイド 03-3995-0820
内容:ちひろ美術館コレクションの中から、日本やアジアの絵本画家たちの作品を紹介。
出品作品:
   赤羽末吉『スーホの白い馬』
   荒井良二『ユックリとジョジョニ』
   井上洋介『でんしゃえほん』
   杉浦範茂『まつげの海のひこうせん』
   瀬川康男『いないいないばあ』
   田島征三『ふきまんぶく』
   谷内こうた『なつのあさ』
   長新太『キャベツくん』
   中谷千代子『スガンさんのやぎ』
   西巻茅子『わたしのワンピース』
   西村繁男『がたごとがたごと』
   村上康成『なつのいけ』
   茂田井武『ねむいまち』
   和田誠『ねこのシジミ』
入場料:大人800円 小学生・中学生・高校生の入館料が無料
サイト:ちひろ美術館

      

絵本日記TOPへ
My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。