そらいろ絵本日記    和書洋書絵本とグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本日記TOPへ

【そらいろ絵本日記の紹介 】  はじめまして! 

1児のママであり、働くママの絵本ブログ。 良いお話を皆さんに知ってもらいたい♪
皆様の絵本選びの参考にして頂けたら…と思い、ブログをはじめました。

   そらいろ絵本日記 絵本カテゴリー    を参考に是非絵本を楽しんでください。

絵本ポータル絵本ポータルとは絵本情報が沢山のサイト。
そらが編集長を務めています。
ブログで絵本記事を書いている方も募集中♪
絵本情報が盛り沢山なので是非遊びに行って下さいね!(絵本ポータル詳細記事)

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ  FC2ブログランキング絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
ブログランキング参加中絵本グッズがとっても豊富なショップ♪  絵本ナビ

絵本関連新着情報♪
はらぺこあおむし
ランチボックス
ぐるんぱ
トートバック



くまのがっこう
手提げバッグ

スポンサーサイト

絵本日記TOPへ

【イベント告知】 相棒の六角精児トークイベント



”水谷豊と寺脇康文が出演するドラマ相棒”ですが、
相棒で鑑識・米沢守役を演じる

六角精児さん のトークイベント&握手会

が来週22日水曜日に新宿で行われます!

頭脳明晰な杉下右京と熱血漢の亀山薫。
抜群のコンビネーションで難事件を解決していく警視庁の窓際部署“特命係”
の2人の裏話なんかも聞けちゃうかも?!

興味のある方、是非足を運んでみて下さいね♪


日時 : 10/22(水)18:00から
場所 : タワーレコード新宿店7階
内容 : 「相棒」鑑識・米沢守役の六角精児さんトークイベント&握手会

絵本日記TOPへ

【日記】手作りノンタンクッキー

ノンタンクッキーを作ってみました♪

ノンタンクッキー

絵本、『ノンタンのたんじょうび』に出てくるノンタンの顔型クッキー、そらが小さい頃から作ってみたかったんですよね!
先日、コウちゃんに絵本を読んでから2人で作ってみたいね!
という事になり

ついに!

作っちゃいました。

しかもコウちゃんの顔と同じくらいのサイズの特大クッキーですよ☆
チョコチップやレモンアイシングでお顔を描いて楽しかったぁ♪
お味も甘さ控えめでなかなかイケてましたよ。

実はお菓子作りが大好きなコウちゃん。
せっかくの産休も残りわずかなので、他にもいろんなお菓子を作ってみたいな、と思います。

絵本日記TOPへ

【日記】赤ちゃん産まれました!


    我が家に女の子が産まれました!!! 

先週、新しい家族が増えました
とっても良く眠る、可愛い女の子です。
前から女の子が兄妹にいたらな…と思っていたので、とってもHAPPY。
女の子だと絵本の好みも違うだろうし、お洋服に、おもちゃに…と楽しみも広がりますよね。

コウちゃんもBABYちゃんの事とっても可愛がっていますよ~~~。
(可愛がりすぎてBABYちゃんが潰れないか心配?!)

絵本の紹介は少しのんびりになってしまうと思いますが、皆様これからもヨロシクお願いします。

絵本日記TOPへ

【絵本】『うちにあかちゃんがうまれるの』

『うちにあかちゃんがうまれるの』

いとう えみこ 著
伊藤 泰寛 写真

うちにあかちゃんがうまれるの (からだとこころのえほん)


写真で綴られた赤ちゃん誕生を描いた絵本。
以前絵本ポータルにて紹介されていたこちらの写真の本、どんな感じなんだろう・・・???
と思っていたら今回たまたま読む機会に恵まれました。

写真で表現されている為か、子供にもとってもすんなり心に入っていった様で、私も読んでみて良かったな、と思えた本です。

生まれる前~誕生までが描かれていて、自宅出産をされた方の写真が載っています。
写真なので、より臨場感があり、一緒に読んだコウちゃんも興味津々、本人の中で何か響いた様です。
  お腹が痛くなって~とっても頑張ったら赤ちゃんが出てきて~へその緒を切って…
というのが印象的な様でした。

私の出産は今回病院なのでコウちゃんは立会い出来ませんが、もしもう1人…なんて事があれば助産院や自宅で家族と一緒に出産!と言うのもいいなぁ、とそらはこの本を見て思いました~。



○そらが考える推奨年齢:3歳~


ことば:日本語 カテゴリー:写真 カテゴリー:赤ちゃん カテゴリー:誕生 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【絵本】『おへそのあな』

『おへそのあな』
長谷川 義史 著
おへそのあな

お腹の中の赤ちゃんと、赤ちゃんを見守る家族の様子が温かく描かれた絵本。

ママのお腹のの中にいる赤ちゃんは、おへその穴を通して家族の様子が見えてきます。
赤ちゃんの為にとプレゼントを作ったり準備をするお兄ちゃん、お姉ちゃん、パパの様子がとってもほのぼのしていていい感じ。
頭が下向きの赤ちゃんから見える世界はもちろん逆向きなんですよ♪

最後のページの赤ちゃんの言葉もなんだか可愛らしくて素敵。

   そして そのよる いいました。
   おへその あなから いいました。
   きこえないよに いいました。

   あした うまれて いくからね。

今私のお腹の中にいる赤ちゃんもひょっとして、お腹の中で言っているのかしら~?なんて。
(もうすぐ産まれてくるわが子に、わくわくどきどきしながら日々過ごしています)

こちらの絵本、もうすぐ赤ちゃんが産まれてくる我が家の為に、お友達ママさんが貸してくれました♪
とってもほんわかしたいい絵本。
保母さんのママさんなのですが、このほかにも沢山の誕生の絵本を知っていて、さすがだなぁ…なんて。




○そらが考える推奨年齢:3歳~



○そらがこれまで紹介した長谷川 義史さんの絵本は ↓です。
『トトトのトナカイさん』
『おへそのあな』


ことば:日本語 カテゴリー:ことば カテゴリー:赤ちゃん カテゴリー:家族 カテゴリー:誕生 作家順:は行

絵本日記TOPへ

【絵本】『ハンタイおばけ』『The Opposite 』(洋書)

『ハンタイおばけ』  『 The Opposite 』

トム マックレイ Tom MacRae 著
エレナ オドリオゾーラ  Elena Odriozola 絵

ハンタイおばけ The Opposite


何をするにも自分とはハンタイの事をするおばけがある日突然自分の前にやってきたら…?
という、”おばけ” とはいっても怖い感じを受けないお話。

このおばけ、困った事にいたずらばかりするおばけで、主人公がやろうとしている事の反対の事ばかりしてしまいます。
朝ごはんのミルクを天井にまいたり、絵の具をばらまいたり…
みんなにどうにかして 「おばけがいる!」 という事を伝えたいのだけど、そのまま言葉にすると、反対の事をする”ハンタイおばけ”なので、いなくなっちゃう。

男の子はちょっと考えると、いい事を思いつき、最後には ”ハンタイ” を逆手に取った逆襲(?)
楽しめる展開になっています。



○そらが考える推奨年齢:3歳~


ことば:日本語 ことば:英語 カテゴリー:おばけ カテゴリー:男の子 カテゴリー:いたずら 作家順:ま行 作家順:あ行

絵本日記TOPへ

【イベント】東京国際ブックフェア

あらゆるジャンルの本は3~8割引で買える?!イベントです 

ブックフェア


日にち : 2008.7.10~13 ※12,13日が一般公開日
時間  : 10:00~18:00
場所  : 東京国際ビックサイト 西1.2
入場料 : ¥1,200 ※招待券があれば無料です。 ネットで申し込んで下さいね!


来週土、日に東京ビッグサイトで行われるイベントです。
普段バーゲンになる事が少ない本が割引価格で買えちゃうみたいです。
もちろん、絵本や、洋書絵本も割引価格~~~♪

すっごい惹かれるイベントです…行ってみたいです…。
でも、もうすぐBABYちゃんの予定日なんだよなぁ、という葛藤がっ。
都内なら大丈夫か♪ という気分になったら行って来たいと思います。

絵本日記TOPへ

【絵本】『まいごのペンギン』『Lost and Found』(洋書)

『まいごのペンギン』 『Lost and Found』
オリヴァー ジェファーズ  Oliver Jeffers 著

まいごのペンギン (にいるぶっくす) Lost and FoundPerdido Y Econtrado / Lost and found
日本語絵本英語絵本スペイン語絵本


とっても可愛らしい水彩画のイラスト絵本。
私、こういうほんわかした雰囲気のイラスト大好きです♪

ある日、突然家に現れたペンギン君。
男の子はきっと迷子に違いない!と言葉を話す事が出来ないペンギン君の変わりにおうちを探しますが、お家はみつかりません。
ついに、南極まで送っていく事に。
やっとの思いで南極へ辿りつくのですが、そこでのペンギン君の表情は一番悲しい表情…。
最後はどんな終わり方をするのでしょうね。

ほんわかしたイラストと共に、やさしいお話を楽しんでみて下さい。



○そらが考える推奨年齢:3歳~


ことば:日本語 ことば:英語 ことば:スペイン語 カテゴリー:男の子 カテゴリー:動物 カテゴリー:ほんわか 作家順:さ行

絵本日記TOPへ

【絵本】『くものすおやぶんとりものちょう』

『くものすおやぶん とりものちょう』
秋山 あゆ子

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)


くものすおやぶんシリーズの1冊です。
毎回おやぶんと、ぴょんきちの2人で事件を解決していくお話。
テンポよく進むお話を楽しめるので、コウちゃんと2人で好きなシリーズの1つです。

この絵本は、擬人化された昆虫達が、江戸時代下町で暮らす様子が描かれています。
毎回、”ちょっと不思議な事件”が起こるのですが、くものす親分と共に、絵本を読んでいる方も事件を解いている様な感覚にもなり、いつの間にかお話の世界に引き込まれます。
沢山の昆虫達や、江戸の情景が描かれているので、ページの隅まで見ていても楽しいです。

こどものとも で掲載されているお話なので、年中さんくらいからがおススメかな、と思います。



○そらが考える推奨年齢:4歳~


ことば:日本語 カテゴリー:ムシ カテゴリー:日本文化 カテゴリー:江戸 カテゴリー:事件 カテゴリー:冒険 作家順:あ行

絵本日記TOPへ
My Yahoo!に追加Add to Google
絵本ナビShop~絵本のある暮らし、幸せな時間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。